長唄「鞍馬山」歌詞と解説

NO IMAGE

「鞍馬山」の解説

「鞍馬山」の歌詞

それ 月も鞍馬の影うとく

木葉おどしの小夜あらし 物さわがしや貴船川

天狗 倒しのおびただしく 魔界のちまたぞ恐ろしき

爰に源家の正統たる牛若丸 は父の仇 平家 を一太刀恨みんと 夜毎詣づる多聞天

祈念の疲れ岩角に 暫しまどろむ肱まく

思ひ出せば 我いまだ三歳の時なりしが 母常磐が懐に抱へられ

伏見の里にて宗清が 情によりて命助かり 出家 をせよと

当山の 東光坊に預けられしも 算へて見れば一と昔 十余年の星霜経れど

稚心に忘れずして 今まのあたり見たる夢 それにつけても父の仇

劒道修行 なすと雖ども 我一向の生兵法 願へば神の恵にて

本望遂ぐる時節を待たん いでや琢磨 の修行 をなさん

木太刀おっとり 身がまへなす

時しも俄に風起り 天狗 礫のばらばらと 鳴動なしてすさまじし

遙の杉の梢より 又もや怪しの小天狗

木太刀うち振り 立向へば シヤ小賢しやと牛若丸

つけ入る木太刀を払ひのけ 上段 下段 早速の働き

勝負いかにと霧隠れ 後に窺ふ僧正 坊

優り劣らぬ両人が 木太刀の音は谺して 目覚しくもまた勇ましし

さしもの天狗 もあしらひかね 跡を晦まし 失せにけり

跡をくらまし 失せにけり

Uncategorizedカテゴリの最新記事