いくつ知ってる?雅(みやび)なお月さまの呼び方

いくつ知ってる?雅(みやび)なお月さまの呼び方

いくつ知ってる?雅(みやび)なお月さまの呼び方

昔は旧暦と言って、月の満ち欠けを基準に暦を作っていました。いまでは「十五夜の満月」「三日月」「半月」くらいしか月の呼び方はなじみがないのではないか、と思いますが、昔は生活に密着したものであった月の呼び方が、とってもたくさんありました。表にまとめてみましたので、ご覧ください。

十五夜の満月から後の名前が、特に面白くないですか?

月齢・名前
1日目
新月、朔(さく、ついたち)
2日目
二日月(ふつかづき)
3日目
三日月(みかづき)、眉月(眉を引いたように細いことから)
7日目
上弦の月、弓張り月、半月
13日目
十三夜(じゅうさんや)
14日目
小望月(こもちづき)、待宵の月(まつよいのつき)
15日目
十五夜(じゅうごや)、満月、望月(もちづき)
16日目
十六夜(いざよい。満月より遅れて出ることから、いざよう=ためらうように見えることから)
17日目
立待月(たちまちづき。さらに月の出が遅くなり、まだかまだかと立って待つことから)
18日目
居待月(いまちづき。待ちくたびれて、座ってしまうことから)
19日目
寝待月(ねまちづき)、臥待月(ふしまちづき)(床に入って寝て待つことから)
20日目
更待月(ふけまちづき。夜が更けてしまうことから)
23日目
二十三夜、下弦の月、下の弓張り
26日目
下弦後の三日月、有明の月(夜明け=有明の空に昇ることから)
30日目
三十日月(みそかづき)

知識カテゴリの最新記事