【取材】「もっと日本舞踊を好きになってもらえたら」サトウアヤコさん(日本舞踊塗り絵作者)

【取材】「もっと日本舞踊を好きになってもらえたら」サトウアヤコさん(日本舞踊塗り絵作者)

俺の日本舞踊では、日本舞踊の塗り絵を作り、無料で配布しています。こちらの記事から印刷・ダウンロードできるので、まだの方はぜひご確認ください。

日本舞踊のお稽古に行けないお子さんのために塗り絵を作りました【無料配布中】

こちらの素敵な塗り絵を作ってくださったのは、イラストレーターのサトウアヤコさんです。

新型コロナウィルスの影響でお稽古に行けない子供たちのために、心を込めて制作していただきました!

そんなサトウさんに、ご自身の日舞経験や、どのようなお気持ちで塗り絵を制作していただいたか、インタビューさせていただきました。ぜひご一読ください!

サトウアヤコさんプロフィール

サトウアヤコ/イラストレーター

カナダ・トロント生まれ。総合芸術高校日本画科卒業。青山学院女子短期大学卒業後、一部上場企業にて役員秘書として勤務。
2016年デザインオフィスに転職、マネジメント業務に従事する傍らイラストレーターとしても活動。
現在は企業PR用4コマイラスト、企業HP用イラストを毎月定期的に提供。
似顔絵、オリジナルマスコットキャラクター作成の依頼受注の他、コンペ多数入選。

Q.日本舞踊の思い出は?

澄んだ空気に背筋がぴっと伸びるような お稽古場の空間がとても好きでした

小学校1年から中学受験までの間、日本舞踊のお教室に通っていたのですが、
広い板の間、お着物の肌触り、三つ指をついてのご挨拶、澄んだ空気に背筋がぴっと伸びるような
お稽古場の空間がとても好きでした。

バレエとジャズダンスも習いましたが、日本舞踊では、礼儀作法まで教えて頂けることが他とは大きく異なってると感じます。
お師匠先生に行儀の悪さを叱られたり、お弟子先生にそっと慰めてもらったり、
自分ひとりで帯が締められない頃には、お姉さんに着付けてもらったりと
他の習い事にはない、一つの家族のような居心地の良さがありました。

お稽古では指先にまで気持ちを込めて踊ることと、扇子を美しく扱うことがなかなか出来ず、
自宅で何度も曲を流しては扇子片手に練習をしていたのもよく覚えています。

日本舞踊を辞めてから長くなってしまいましたが、社会人となり初めてお茶出しをした日も、
秘書課に専属された時も、所作が美しいとよく褒めて頂けたのは日舞のおかげだったのだと思います。

Q.どのような思いを込めて塗り絵制作に取り組んでいただきましたか?

子供たちに親近感がわくデザインを

日本画によく見られる純和風の美人画ではなく、ディズニープリンセスのように親近感のわく愛らしい絵柄で、
グッズ化されたとしても、子供達に「欲しい!」と思われるキャラクター感を意識してデザインしました。

この塗り絵の衣装で舞台に立つ日が来る?そんなプリンセスストーリーを想像して

お稽古を楽しんでいた当時の自分を思い出して懐かしく思いながら、そしてお稽古に行けない今の子供達を思い、少しでも癒しや励みになればと心を込めて描きました。

この塗り絵を楽しんでくれた子供達が、実際にこの華やかなお衣装を着て舞台に立つ日が来ることを思うと、プリンセスストーリーよりもリアルで、夢があると感じています。

Q.どんな方にこの塗り絵を手に取っていただきたいですか?

もっと日本舞踊を好きになってもらえたら!

まずは日本舞踊のお教室に通う子供達に喜んでもらえたら嬉しいです。
「かわいい!」「早くこんなお衣装着たい!」「早く教室に行きたい!」と思ってもらえたら。そしてもっと日本舞踊を好きになってもらえたら本望です!

それからもちろん、日本舞踊を愛する皆様、まだ日本舞踊を知らないお子様、偶然塗り絵を目にして下さった一般の方にも
自宅待機中の息抜きの一つとして、色塗りを楽しんで頂けたら大変嬉しいです。

Q.コロナの影響で教室に通えない子供たちにメッセージをお願いします。

こんにちは!なかなか外に出られない日が続いていますが、元気に過ごしていますか?
今は学校にもお稽古にも行けなくて、つまらないよね。

お家で過ごす時間をもっと楽しんで欲しくて、梅澤さんと一緒に塗り絵を作りました。
少し未来の皆さんを想像して描いた絵です。

色がはみ出ちゃっても大丈夫。いつもより時間をかけてじっくり丁寧に塗るのも楽しいですよ。
きれいな絵が完成したら お家の人にも見せてあげてね!

サトウアヤコさんの日本舞踊の塗り絵はこちらから!

サトウアヤコさんのインタビューでした。サトウさん、どうもありがとうございました!

実は、サトウさんに塗り絵の依頼をしたときは、サトウさんが日本舞踊のご経験があるとは知りませんでした。やり取りさせていただくうちにそうだとわかり、サトウさんの作品の完成度の高さや、子供たちに寄り添った作品作りに、とても納得がいきました。

そんなサトウさんの塗り絵は、こちらから無料で印刷・ダウンロードできます。ぜひ子供たちと遊んでみてください!

インタビューカテゴリの最新記事