現在「日本舞踊のお困りごと」について匿名アンケート実施中です。ご協力いただける方はこのテキストをクリックしてください(フォームが開きます)。

大和楽「あやめ」歌詞と解説

大和楽「あやめ」歌詞と解説

大和楽「あやめ」解説

あやめ、池、青柳、空に流れる雲といった絵画的な情景と、五月雨に濡れるあやめをモチーフに若き女性の濃紫の哀愁をなやましく描いた作品です。

作品情報

作曲者
作調者
宮川寿朗(清元栄寿郎)
堅田喜三久
作詞者 長田幹彦
初演情報 初演年月 昭和14年(1939年)頃

大和楽「あやめ」歌詞

五月雨に匂う菖蒲やあきつばた かけ渡したる八ツ橋に傘がくるくる蛇の目傘 ふるよ五月雨音も静かに 水嵩増して恋のせき つもる愁いの池の面 思い初めたるとりどりのうす紫に濃紫

渡る影さえおずおずと 水にかげろう八ツ橋の 八つの迷いの恋の辻 闇路ほのかに降る雨に 咲いて色増すあやめ草

さってもな 君が 庭に咲けばめでたや池の汀の青柳の 枝もなよなよ風誘う 恥ずかしながら袖と袖濡れてさしましょ もあい傘

胸の思いも晴れて逢う日の花あやめ 色も匂いも紫に 池の水面に雲は流れて 花は流れて ながれながれて波の間にまに風かおる

歌詞・解説カテゴリの最新記事