端唄「香に迷う(かにまよう)」歌詞と解説

端唄「香に迷う(かにまよう)」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「香に迷う(かにまよう)」の歌詞と解説です。

端唄「香に迷う(かにまよう)」解説(意訳)

梅の香にはいつも心惑わされる。

軒端にその香りが漂う梅には鶯(匂い鳥)が。

逢瀬を待ちわび、年が明けてあなたから届いた嬉しい恋文。

あなたからのはじめての手紙を開けるのが恥ずかしくて、まだ私の心には薄氷が張っているよう。

雪のように深まるあなたへの想いは、まるであの深草少将を百夜も通い通させた恋の闇のようです。

あなたが私に情けをかけた床で

今日も衣を片敷き一人眠ります。

端唄「香に迷う(かにまよう)」歌詞

香に迷う 梅が軒端に匂い鳥

花に逢瀬を待つ年(とせ)の

明けて嬉しき懸想文(けそうぶみ)

開く初音のはずかしく

まだ解けかぬる薄氷

雪に想いを深草の百夜も通う恋の闇

君が情けを仮寝の床の

枕片敷く夜もすがら

 

歌詞・解説カテゴリの最新記事