長唄「菊づくし」歌詞と解説

長唄「菊づくし」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「菊づくし」の歌詞と解説です。

長唄「菊づくし」の解説

子供の手習い曲として踊られることが多いですが、日本舞踊の基本の型や形を学ぶのに最適な曲として年齢を問わず入門曲として学ぶ機会の多い曲です。菊の花があしらわれた花笠をかぶり、さらに両手に持って踊ります。

安永四年(1775年)9月の江戸森田座で、初代中村のしほの演じた四季の所作事「袖模様四季色歌」(そでもようしきのいろうた)の内の「秋 都大踊」がこの「菊づくし」にあたります。

長唄「菊づくし」の歌詞

園に色よく咲きし菊づくし

サア ヤットナ サァ ヤットナ

菊のませ垣 七重八重菊 御所の御紋の菊は 九重 菊流しにしよかえ

 

黄菊さいよは白菊 菊流し

サア ヤットナ サァ ヤットナ

仲を隔てし 数も吾妻菊 紫の仲は百夜菊 菊流しにしよかえ

 

花の一重の盆踊り

勇んで勇んで 暫し踊りの華やかに

花笠娘 小娘と 実(げ)に面白き 菊づくし

歌詞・解説カテゴリの最新記事