長唄「都鳥(みやこどり)」歌詞と解説

長唄「都鳥(みやこどり)」歌詞と解説

日本舞踊で有名な長唄「都鳥(みやこどり)」歌詞と解説です。

stand.fm」にて、音声解説始めました。音声で聞きたい方はこちらをどうぞ。

新着の音声が通知で届きますので、アプリインストールもお勧めします☆

長唄「都鳥(みやこどり)」解説

風流江戸八景 両国橋夕照(鈴木晴信)

隅田川の春から夏にかけての情景を品よく唄った独吟もの(一人で唄う曲)の名曲。
恋人を待っている、隅田川の屋形船から見える情景、そして恋人との逢瀬を唄っています。

在原業平の和歌「名にしおはばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」で有名になった隅田川の都鳥。実は、学術上の「ミヤコドリ」ではなく、「ユリカモメ」という鳥を指します。

隅田川の舟遊びは今も昔も人気です。「向島」「門前仲町」「柳橋(今の浅草橋)」には芸者街がありましたし、向島の対岸には浅草。この唄にも登場する「待乳山」は浅草寺の一部です。夏には納涼船や物売りの舟が所狭しと出て、それは賑やかな様子でした。

東都両国ばし夏景色(五雲亭貞秀)

この唄では、季節は春から夏。おそらく向島、浅草あたりに舟を出し、ひっそり恋人を待っているという様子でしょうか。

君なつかしと都鳥・・・業平の歌を指しています。

幾代かここに隅田川・・・屋形船から隅田川を眺めている風情ですが、「墨田川」「住む」を掛けています。

往来の人に名のみ問はれて・・・こちらも業平の歌から「言問橋」「人に問われる」を掛けています。

晴れて逢ふ夜を待乳山・・・待乳山聖天(まつちやましょうでん)は浅草付近にある浅草寺の一部。「待乳山」と恋人を「待つ」が掛かっています。

待乳山聖天(まつちやましょうでん)本堂(待乳山聖天HPより)

翼交はして濡るる夜は いつしか更けて水の音 思ひ思うて深見草 結びつ解いつ乱れ合うたる夜もすがら はや後朝(きぬぎぬ)の 鐘の声 憎やつれなく明くる夏の夜・・・都鳥のつがいに例えて、男女のややエロチックな描写です。

「深見草」は牡丹の別名で、「二人の思いが深い」ことを表します。「はや後朝(きぬぎぬ)の 鐘の声」とは、朝を知らせる鐘が鳴った」ということで、夜が明けて二人の時間が終わり、また離れ離れになってしまうことへの、後ろ髪引かれる思いを表現します。

ユリカモメ

長唄「都鳥(みやこどり)」歌詞

たよりくる 船の内こそゆかしけれ 

君なつかしと都鳥 幾代かここに隅田川 往来の人に名のみ問はれて 

花の蔭 水に浮かれて面白や 河上遠く降る雨の 晴れて逢ふ夜を待乳山 逢うて嬉しき 

あれ見やしゃんせ 

翼交はして濡るる夜は いつしか更けて水の音 思ひ思うて深見草 

結びつ解いつ乱れ合うたる夜もすがら はや後朝(きぬぎぬ)の 鐘の声 

憎やつれなく明くる夏の夜

作品情報

 
作曲者 二代目・杵屋勝三郎
作詞者 伊勢屋喜左衛門
初演情報 初演年月 1855年6月(安政二年)
大道具 隅田川の言問付近を情景とした景色、墨田河岸に屋形船などある風景など
小道具 扇子
下駄
傘など
かつら つぶし島田など

 

歌詞・解説カテゴリの最新記事