日本舞踊の「長唄」とは?意味、歴史、楽器、演奏形態まで徹底解説!

日本舞踊の「長唄」とは?意味、歴史、楽器、演奏形態まで徹底解説!

今日演じられている日本舞踊の演目の多くが「長唄」です。ところが、日本舞踊を始めたばかりの人には、知っているようでよくわからないのがこの「長唄」ではないでしょうか。

この記事では長唄の定義や他の音楽との違い、歴史、楽器、演奏形態など、様々な角度から長唄を解説します。

ながうたもいろいろ。日本舞踊の長唄は「江戸長唄」

実は「ながうた」と呼ばれるものは日本音楽の中にたくさんあります(長唄、長歌、長哥など)。今日「長唄」と言う場合は「江戸長唄」を指しております。

「江戸長唄」は江戸時代に生まれた、三味線・歌い手・パーカッションにより演奏される、歌舞伎音楽の代表です。また、それまでの日本音楽の技法、曲節、題材などを全て織り込んだ、一つの集大成とも言えるでしょう。

日本舞踊における「長唄」も、この「江戸長唄」であり、この記事では「江戸長唄」を中心に解説します。そのほかの「ながうた」は説明するとややこしくなりそうなので詳しい解説は割愛しますが、いずれも「江戸長唄」完成以前に生まれた三味線歌曲の呼び名です。

「長唄」と日本舞踊のほかの音楽との違い

日本舞踊の演目には長唄以外にも種類がありますね。「常磐津」「清元」「端唄」「大和楽」などです。いずれも三味線の音楽なのですが、違うジャンルとして長唄と区別されています。「常磐津」と「清元」は浄瑠璃の音楽。文楽や人形浄瑠璃を思い浮かべてみてください。これらはストーリーの伴奏となる音楽で「語り」を重視した音楽です。「端唄」は「長唄」と対をなすジャンルで、短い三味線曲です。庶民でも気軽に習って演奏できるものとして親しまれました。「大和楽」は昭和に作られた比較的新しいジャンルで、西洋音楽のエッセンスなどを取り入れた当時最新の音楽です。

この記事でも解説しています。興味があればご参考にお読みください。

【スッキリ解決!】長唄・端唄・常磐津・清元・大和楽の違い【日本舞踊でおなじみ】 – 俺の日本舞踊

長唄の演奏形態

日本舞踊を始めたばかりの人は、長唄が演奏されているのを生で見たことがある人は少ないと思います。ひょっとしたら歌舞伎好きの人は歌舞伎の舞台の演奏でご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

長唄の演奏の最小単位は「ニ挺一枚」と言います。これは三味線方(しゃみせんがた)が2人、唄方(うたかた)が1人ということを表します。編成が大きくなると、それぞれの人数が増え、パーカッションも加わります(歌舞伎などの大舞台では「十挺十枚」というのも珍しくありません)。

それまでの三味線音楽は、三味線を弾きながら歌も歌うという弾き語りが主流でしたから、演奏と歌い手を分け、打楽器の四拍子のリズムも入る長唄は、それまでの三味線音楽にない明るさ、華やかを持つものです。歌舞伎というエンターテイメントと結びつくことで大編成も組まれるようになり、人気も高まり、音楽的にも発展していきます。

長唄の楽器「三味線」

長唄と切っても切れない楽器が「三味線」です。三味線のルーツは古く、大元は古代エジプトの三弦リュート(ネッフェル)であるとも言われています。それが大陸を東に伝わり、中国を経由して琉球へ伝来。一四世紀ごろ「三線(さんしん)」となります。一六世紀半ば、鉄砲伝来の約10年後に、大坂・堺に琉球から三線が持ち込まれました。当時、音楽界でメジャーだった琵琶法師がこれを改造し、いまの三味線が生まれたと言われています。

三味線には竿の太さで大きく3種類に分かれています。

「細竿」 主な演奏:長唄、端唄、清元

「中竿」 主な演奏:常磐津、民謡

「太棹」 主な演奏:義太夫、津軽三味線

長唄は「細竿」を使用します。

長唄の歌詞の中にでてくる「本調子」「二上り」「三下り」とは?

日本舞踊をされてい方は、演目の歌詞を読んだときに、歌詞の途中に「本調子」「二上り」「三下り」などと出てきて「?」となったことはないでしょうか。これは三味線の調律を表す言葉です。ギターの演奏をするときは演奏の途中で調律を変えたりはしないですよね。ところが長唄では曲の途中で、曲の場面・雰囲気に合わせて調律を変えることが良くあります。録音だけを聞いているとわからないのですが、実際には三味線方(三味線を演奏する人)は、曲の途中で弦を締めたり緩めたりして調律を変えています。したがって、曲の中で「本調子」「二上り」「三下り」などが出てきたら、「ここで曲の調子が変わるんだな」と思ってもらえば大丈夫です。

参考記事

長唄の本調子、二上り、三下りとは?三味線の調子について解説! – 俺の日本舞踊

長唄の歴史~誕生から現代まで~

長唄は歌舞伎とともに発展した音楽ですが、もう少し歴史をさかのぼったところから長唄の誕生を紹介します。

十六世紀、三味線の誕生によって長唄の元となる音楽が生まれる

一六世紀半ばに琉球から本土にもたらされた三線が三味線に改良され、三味線は一気にメジャーな楽器になります。おなじく一六世紀に誕生した「浄瑠璃」も三味線とともに広まっていきました。やがて三味線は芝居の伴奏以外にも、独立した曲が作曲され楽しまれるようになります。それらは「小歌」「端唄」「長歌(長唄ではありません)」などと呼ばれてました。

歌舞伎の創成期、「歌舞伎の音楽」というものはまだ確立しておらず、そのころ「小歌」「端唄」「長歌」などと呼ばれていた三味線音楽の小作品を取り入れて伴奏として使っていました。

歌舞伎音楽として長唄が誕生

次第に、このようなすでにある曲の借用ではなく、歌舞伎専用の音楽として作品が作曲され始めます。これを「長唄」と呼ぶようになりました。今日に至る「長唄」の誕生です。

長唄の黎明期、作曲が多くなされたのは江戸ではなく上方でした。上方歌舞伎が江戸に入ると同時に上方の長唄も江戸に輸入され、宝永期(1704~1711年)以降、劇場音楽として江戸長唄が大きな発展を遂げます。上方の人はそれを快く思ったか思わなかったか、それ以降、上方の長唄は、江戸の長唄と区別して「上方唄」や「地唄」「芝居歌物」などと呼ばれるようになります。

江戸後期には長唄の名人が数多く生まれ、町人から武士まで幅広く愛されました。こうして歌舞伎とともに江戸で最も人気のある音楽に成長した長唄は、やがて、歌舞伎の劇場を飛び出していきます。

明治期、音楽として歌舞伎から独立した長唄

明治期には作曲三傑と呼ばれる三名人が活躍(杵屋勝五郎、杵屋勝三郎、杵屋正次郎)します。劇場で長唄だけの演奏会が開かれて人気を博したり、良家子女の習い事・お稽古事として家庭音楽となっていきました。長唄は歌舞伎に従属する音楽ではなく、独立した純音楽としての地位を確立したのです。

この記事では長唄について解説いたしました。みなさんの長唄、日本舞踊へのご理解が深まりましたら幸いです。

 邦楽について、さらに詳しく知りたい方はこの本がおすすめです。

図解 日本音楽史 増補改訂版

▶️おすすめ関連記事

【完全版】日本舞踊初心者のための教室探し8つのポイント【社会人対応) – 俺の日本舞踊

ツイッターもぜひ、フォローお願いします!ほぼ毎日、日本舞踊に関することをつぶやきす。

邦楽カテゴリの最新記事