長唄「雨の五郎」歌詞と解説

長唄「雨の五郎」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「雨の五郎」歌詞と解説です。

曾我物語

長唄「雨の五郎」解説

「曾我兄弟の仇討ち」で有名な、曾我時致(そがときむね)が主人公です。

曾我兄弟の弟である五郎(兄は十郎祐成(すけなり))が、鎌倉の遊女で恋人である、化粧坂(けわいざか)の少将の元へ、雨の中駆けつける様子が、仇討ちへの勇ましい心と交互に唄われています。

曾我兄弟の仇討ちは、「赤穂浪士」「鍵屋辻の決闘」とともに「日本三代仇討」と称されており、歌舞伎にも曾我兄弟を題材にした「曾我物」という一大ジャンルを生み出すほど数々の作品が作られ、人気を誇りました。

曾我兄弟の仇討ち物語のあらすじ

時代は鎌倉時代。武士の工藤祐経(すけつね)は、所領分割相続の争いに端を発し、恨みがあった親族・伊東祐親(すけちか)の嫡男・河津祐泰(かわづすけやす)を暗殺する。祐泰の遺児、一萬丸と箱王丸こそが、のちの十郎祐成と五郎時致の曾我兄弟である。

厳しい生活の中で成長した2人がついに仇討ちを果たすのは建久4年(1193年)。源頼朝の御家人(部下)になっていた工藤祐経は、頼朝によって、富士の裾野で催された大規模な狩りに同伴していた。

夜闇に紛れて祐経の寝所へ押し入った二人は酒に酔って寝ていた祐経を討つ。兄・十郎は集まってきた御家人たちと争いその場で討死、弟・五郎は頼朝の面前へ引き出され仇討ちの心情を述べた。頼朝は助命も考えたが、祐経の遺児を慮って、斬首を命じた。

仇討ちだけではなく十郎の恋人「大磯の虎御前」五郎の恋人「化粧坂の少将」の存在も、曾我兄弟人気の一つとなっているます

長唄「雨の五郎」歌詞

さるほどに 曽我の五郎時致は 倶不戴天の父の仇 討たんずものとたゆみなき

弥猛心も春雨に 濡れてくるわの化粧坂 名うてと聞きし少将の 雨の降る夜も雪の日も

通ひ通ひて大磯や 廓の諸分のほだされやすく誰に一筆 雁のつて 野暮な口説を返す書

粋な手管についのせられて 浮気な酒によひの月 晴れてよかろか 晴れぬがよいか

とかく霞むが春のくせ いで オオそれよ 我もまた いつか晴らさん父の仇 十八年の天つ風

いま吹き返す念力に 逃さじやらじと勇猛血気 そのありさまは牡丹花に つばさひらめく 胡蝶のごとく

勇ましくもまた 健気なり

 

藪の鴬 気ままに鳴ひて うらやましさの庭の梅 あれそよそよと春風が

浮名立たせに 吹き送る 堤のすみれ さぎ草は 露の情けに濡れた同士 色と恋との実くらべ

実 浮いた仲の町 よしやよし 孝勇無双のいさをしは 現人神と末の代も

恐れ崇めて今年また 花のお江戸の浅草に 開帳あるぞと賑しき

歌詞・解説カテゴリの最新記事