現在「日本舞踊のお困りごと」について匿名アンケート実施中です。ご協力いただける方はこのテキストをクリックしてください(フォームが開きます)。

常磐津「紅売り(べにうり)」歌詞と解説

常磐津「紅売り(べにうり)」歌詞と解説

常磐津「紅売り(べにうり)」解説

紅(べに)とは今でいう「口紅」のこと。

「紅売り」の女性が、自らの恋の成就を願いながら、それを売り口上に紅を売り歩くという趣向の曲です。

紅とは?

「紅」伊勢半本店公式サイトより

曲の詳細に入る前に「紅」のことをお話しておきます。

「紅」は、紅花(べにばな)から作られる天然由来の化粧品です。透明感のある鮮やかな「紅色」が特徴です。

大変高価なもので、今の物価にすると、口紅に一回使うだけの量で500~600円ほどだったそうです。

おちょこや貝殻の内側に塗り乾燥させたものが販売されており、使うときは水をつけた指や、水を含ませた筆で溶かして使います。

唇に使えば口紅、頬に使えば頬紅、爪に使えば爪紅(つまべに)と、今のように豊富な化粧品がない時代、おしゃれな女性には欠かせないアイテムでした。

女性の憧れ。玉虫色に光る「笹紅」

「浮世四十八手」(渓斎英泉)
緑色の下唇は「笹紅」を表現している

紅は厚く塗ると緑色(玉虫色)に光るという不思議な性質を持っています。高価な紅をたっぷり下唇に塗り重ねて、玉虫色にする「笹紅」は当時、最高級の贅沢であり、女性たちの憧れでした。

黄色い紅花から紅色を抽出する気の遠くなる作業

紅花というと、現在では「紅花油」「紅花オイル」の方が有名かもしれません。スーパーでパッケージを見たことがある人は「あれ?紅花って黄色か、オレンジ色じゃない?なんで紅色の原料なの?」と思いませんでしたか。

実は紅花、見た目は黄・オレンジですが、その中に1%だけ、紅色を含んでいます。この1%の紅色を、何十という長い工程を通じて抽出しているのです。

ごくごく簡単に説明します。

紅花の花びらを水洗いする。

「紅餅」という団子を・作り、発酵させる。

さらに酢酸などを使い、紅の色素だけを分離させる。

さらに何重もの布でこして濃縮する。

筆で容器に塗り付け、販売される。

紅ができるまで(抜粋)伊勢半本店公式サイトより
*紅の詳しい製造工程の詳細は記事末にリンクあり

小さなおちょこ一つの紅に使われる紅花はなんと1,000輪!高価さの理由がわかりますね。

歌詞の意味

当世美人合踊師匠(香蝶楼国貞)国立国会図書館蔵
筆と指を使って目元に紅をさす、踊りの師匠

紅染の小指の爪や春の宵

春の日暮れに、紅をさしてたたずむ女性です。

「紅染めの小指の爪」とは、筆ではなく小指で紅をさしたために、爪に紅がついている様子を表しています。

紅色を「恋の色」と表現しており、春の桜や暖かなイメージと、恋のイメージと紅色が重なります。

たしなみは 夏秋冬を一筋に

染めしゃんせ 染めしゃんせ 恋の色

紅と白粉(おしろい)は昔も今も女性のたしなみに欠かせません。美しい紅は、春だけでなく一年中、女性を恋の色に染めます。

なんとした こん紅梅の 香をそえる 濃いも薄いも京育ち

濃くても薄くても、ほんのり紅梅の香りがする、京育ちの「紅」ですよ。

京都のものは質が良く、京都から江戸へ運ばれてきたものは「下りもの」といって高級品でした。

その逆、京のものではないものは「下らないもの」です。いまでも、「つまらない」ことを「くだらない」といいますよね。

蛤の貝 紅の貝 捨ててくれるな 片身貝
いつか二身の末掛けて 末摘花の浅じめり

ここで登場する貝は紅の容器です。蛤の貝殻の内側に紅が塗りつけてあるのでしょう。

紅の器の蛤は片方しかないけれど、捨てないでください、いつかは二枚(男女二人)そろっていつまでも、しっとりと過ごしたいのです、と、恋の成就を願っています。

「末掛けて」は、「末まで」つまり「いつまでも」という意味。

「末摘花(すえつむはな)」は紅花の別称です。「浅じめり」とは、朝露にしっとりと濡れている様子で、紅花を積むのが早朝である(紅花にはトゲがあり、朝露に濡れてトゲがやわらかくなっている早朝に摘みとられる)ことからの連想だと考えられます。

また、「末摘花(すえつむはな)」は、源氏物語に登場する女性の名前でもあります。不美人で、鼻の頭が赤かったために光源氏から「末摘花」と呼ばれたのですが、一途に光源氏を思い続けたことから、最後には妻として迎えられます。一途に恋の成就を願うこの女性は、最後に報われる「末摘花」に自分を重ねているのでしょう。

情けをこぼす いたずらも
来ると聞き夜は 三重染めの
唇ばかりか 贅こきな 足にも撒かんせ桜貝

伊達の口紅買はしゃんせ 買はしゃんせ

好きな人が来る夜は、紅を三重に塗り重ねておめかししよう。

唇ばかり贅沢するんじゃなくて、足の爪にもいかがです?足元に桜貝を撒いたように、かわいくなりますよ。

さあ、あなたを彩る口紅を、どうぞ、どうぞ買ってごらんなさい。

 

ここから曲調が、それまでのしっとりした雰囲気から軽快な調子に変わり「紅売り」の売り文句になります。

冒頭で紹介した紅の重ね塗りが出てきましたね。紅は重ねると玉虫色の光沢を放つ「笹紅(ささべに)」となります。これは女性にとって最高級の贅沢です。さらに「爪紅(つまべに)」も勧めています。商売上手ですね。

作品情報

作曲者 常磐津文字兵衛
作詞者 小野金次郎

常磐津「紅売り(べにうり)」歌詞

紅染の小指の爪や春の宵

紅染の小指の爪や春の宵

よいよいよいやさ

たしなみは 夏秋冬を一筋に

染めしゃんせ 染めしゃんせ 恋の色

 

なんとした こん紅梅の 香をそえる

濃いも薄いも京育ち

蛤の貝 紅の貝 捨ててくれるな 片身貝

いつか二身の末掛けて 末摘花の浅じめり

 

情けをこぼす いたずらも

来ると聞き夜は 三重染めの

唇ばかりか 贅こきな 足にも撒かんせ桜貝

 

伊達の口紅買はしゃんせ 買はしゃんせ

参考サイト

「紅」について、大変参考にさせていただきました。

紅ミュージアム(株式会社伊勢半本店)
紅の製造工程

歌詞・解説カテゴリの最新記事