長唄「越後獅子」の歌詞と解説

長唄「越後獅子」の歌詞と解説

長唄「越後獅子」の歌詞と解説です。

「越後獅子」の解説

「越後獅子」は「門付け(かどづけ)」と呼ばれる、家の前で芸を披露し金銭をもらう大道芸。

元は新潟県新潟市、旧月潟村の発祥。洪水に悩まされていた月潟村の人々が、子供に獅子舞を舞わせて各地を回り旅稼ぎをしたのが始まりと言われています。彼らは江戸にも出稼ぎに訪れ、初めて江戸入りしたのは宝暦5年(1755年)のこと。特に正月の風物詩として人気を博し、角兵衛獅子や蒲原獅子(かんばらじし)とも呼ばれました。

上方でも流行り、大坂で地歌曲「越後獅子」が作曲されると、文化8年(1811年)、九代目杵屋六左衛門が七変化舞踊『遅櫻手爾葉七文字』(おそざくらてにはのななもじ)の伴奏曲の一つとして長唄に作曲し、中村座で初演されました。

1910年ロンドンで開かれた日英博覧会では、日本を代表する大道芸の一つとして越後獅子が参加しています。演じる子供に対する時代にそぐわない厳しい訓練が仇となり、明治以降、大道芸としては消滅しますが、お座敷芸や郷土芸能として残り、日本舞踊の演目としても今でも人気を保っています。

その旋律がプッチーニのオペラ「蝶々夫人」にも引用されていることでも知られています。

「越後獅子」の歌詞

打つや太鼓の音もすみわたり 角兵衛 角兵衛と招かれて

居ながら見する石橋の 浮世を渡る風雅もの

歌ふも舞ふもはやすのも 一人旅寝の草枕

おらが女房をほめるぢゃないが 飯も炊いたり水仕事

あさよるたびに楽しみを ひとり笑みして

来りける越路がた お國名物は様々あれど 田舎なまりに片言まじり

獅子唄になる言の葉を 雁の便りに 届けてほしや

小千谷縮の何処やらが 見え透く国の習ひにや 縁を結べば

兄やさん 兄ぢゃないもの 夫ぢゃもの

来るか来るかと濱へ出て 見ればの ほいの 濱の松風音や

まさるさ やっとかけの ほいまつかとな

好いた水仙 好かれた柳の ほいの 心石竹 気はや紅葉さ

やっとかけの ほいまつかとな

辛苦甚句もおけさ節

何たら愚痴だえ 牡丹は持たねど 越後の獅子は

己が姿を花と見て 庭に咲いたり咲かせたり

そこのおけさに異なこと言はれ ねまりねまらず待ち明かす

御座れ話しませうぞこん小松の蔭で 松の葉の様にこん細やかに

弾いて唄ふや 獅子の曲

向ひ小山のしちく竹 いたふし揃へてきりを細かに十七が

室の小口に昼寝して 花の盛りを 夢に見て候

見渡せば 見渡せば 西も東も花の顔 何れ賑ふ人の山 人の山

打ち寄する 打ち寄する 女波男波の絶え間なく

逆巻く水の面白や 面白や

晒す細布手にくるくると さらす細布手にくるくると

いざや帰らん 己が住家へ

歌詞・解説カテゴリの最新記事