端唄「春雨」歌詞と解説

端唄「春雨」歌詞と解説

日本舞踊で人気の端唄「春雨」歌詞と解説です。

端唄「春雨」の解説(意訳)

春雨にしっとり濡れる鶯の

羽風でかぐわしく漂う梅の香

梅の花に戯れる可憐な鶯

そんなはかない小鳥でさえも

ねぐらはしっかり決めたもので

一筋にその梅の木に暮らすもの

わたしは鶯で あなたは梅

いつかわたしが自由の身に

思いのままになるならば

そしたら鶯宿梅になれるかしらん

ああもうどうだって良いわ

端唄「春雨」の歌詞

春雨に しっぽり濡るる鶯の

羽風に匂う 梅が香や

花に戯れ しおらしや

小鳥でさえも 一と筋に

寝ぐら定めぬ 気は一つ

 

わたしゃ鶯 主は梅

やがて身まま気ままになるならば

サァ 鶯宿梅じゃないかいな

 

サァーサ なんでもよいわいな

歌詞・解説カテゴリの最新記事