現在「日本舞踊のお困りごと」について匿名アンケート実施中です。ご協力いただける方はこのテキストをクリックしてください(フォームが開きます)。

カラダの可能性を使いきる!その楽しさを伝えたい!~花月縁江(かげつふちえ)東京都大田区~

カラダの可能性を使いきる!その楽しさを伝えたい!~花月縁江(かげつふちえ)東京都大田区~

大田区で日本舞踊を教えていらっしゃる、花月縁江(かげつふちえ)さんにお話を伺いました。

おばあさまから手ほどきを受けたのがきっかけで、小さいころから日本舞踊が大好きだったという縁江さんは、学生時代はソフトボールに打ち込んで真っ黒に日焼けしても、お稽古には通い続けたそうです。

その一方で「脊椎側弯症」という症状に悩まされていたことをきっかけに、現代の運動理論を日本舞踊にも取り入れて「筋肉に頼らず骨格で踊ること」を追求していらっしゃいます。

それに加えて花月流の魅力、教えるときのこだわり、これから挑戦したいことなどについても、詳しくお伺いしました。

花月縁江(かげつふちえ)プロフィール

花月流師範(日本舞踊協会東京支部城南ブロック所属)

着付け技能士1級

骨ストレッチ初級指導員

花月流の特徴とは?

花月流とは・・・1930年昭和5年)の創流以来、古典はもとより、新作舞踊、小唄、新舞踊まで幅広い作品をお稽古できることが特徴です。

初代家元の花月兼久(のちに禄翁)は、昭和初期にレコード舞踊や小唄に新境地を開拓し、大衆的な舞踊を目指して花月流を創流しました。昭和3年の毎日新聞の人気投票で第一位だったといわれています。

初代家元・花月兼久(禄翁)の門弟で、分家の花月超園の長女・花月禄が二代目家元を継承。現在は花月禄の長女、花月祐里が三代目家元となっています。

606899264_1606899306.png

うめざわ

まず、「花月流」の特徴について教えていただけますか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

作品については、古典はもとより、新作舞踊、小唄、新舞踊まで幅広くお稽古できることが特徴です。

花月流の踊りは「踊る」というより「演じる」という方がしっくりくるかもしれません。

気持ち(心)を入れて芝居をするようにといつも言われます。情景を思い描いて、役の心情を細かく表現することはとても大切ですね。

目の表情は重要ですし、カラダは内側(体幹)から動かすようにして、手先で踊らないよう心がけています。

小さな舞台でも決して手を抜かず、心を尽くす

花月超園(中央)、縁江(左)

606899264_1606899306.png

うめざわ

縁江さんは約50年、花月流でお稽古してきて、どのようにお感じですか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

故・花月超園師、宗家(花月禄師)、家元(花月祐里師)に師事してきましたが、共通していることは「小さな舞台でも決して手を抜かず、心を尽くすこと」でした。

お客様の少ない規模の小さな機会でも、大きな舞台のときと同じように徹底的にお稽古してくださいます。それはいつもありがたいと思って感謝しております。

親子三代の先生方に教えていただき、それぞれの先生方と共演させていただいたことは私の宝です。

宗家・花月禄(左)、縁江(右)

三代目家元(花月祐里)襲名披露公演での胡蝶(右)

舞台の興奮が心地よかった。子供時代の思い出

初舞台

606899264_1606899306.png

うめざわ

縁江さんが日本舞踊を始めたきっかけを教えてください。

花月縁江(かげつふちえ)さん

花月流の名取だった祖母から習い始めたのがきっかけです。祖母が足を添えてくれて、歩き方のお稽古をしていたことを覚えています。

3才から祖母に習い始め、6才の6月から現在のお稽古場に通い始めました。初舞台は5才です。中学生の時に名取になりました。

606899264_1606899306.png

うめざわ

小さい時から日本舞踊がお好きだったんですか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

楽しかったですね。舞台の興奮が心地よかったのを覚えています。

ソフトボールの部活もやっていたんですけど、そのあとにもお稽古に行って。当時は、真っ黒に日焼けしていました(笑)

ソフトボール部にて(左)同じころの舞台写真(右:清元『幻お七』)

理屈抜きで面白い!日本舞踊の魅力

606899264_1606899306.png

うめざわ

縁江さんにとって、日本舞踊の魅力ってなんですか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

理屈抜きで曲を聞くだけでテンションが上がります。

そして、ものすごく緊張するタイプなのに何故か舞台が大好きです。でも満足に踊れたことは一度もなくて、それがまた魅力かもしれません。

いろんな人物になれることも面白さのひとつだと思います。老若男女、踊り手が女性でも男性でも。

好きなのは「三枚目のおじさん」?

606899264_1606899306.png

うめざわ

縁江さんは、どんな役がお好きなんですか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

「三枚目のおじさん」の役が好きです。

子どものときに「流星」を見て、こんなに面白い踊りがあるのかと興奮しました。20歳のときに、それもちょうど七夕の日に踊らせていただきました。

昔から綺麗な演目にあまり憧れがなくて、祖母がお稽古していた「傀儡師」(かいらいし)の ”ちょぼくれ”を帰りの電車の中で口ずさんでいる変な子でした。それからずっと今もおじさんの役が大好きです。

606899264_1606899306.png

うめざわ

これから挑戦したい役は?

花月縁江(かげつふちえ)さん

もともと足元の軽い役を好んで踊っていますが、年々身が軽くなっているので「操り三番叟」に挑戦したいです。身が軽くてしかもパワフルな「近江のお兼」にも。

一方で重心の低いどっしりとした演目も重々しく踊れるようになりたいですね。特に「娘道成寺」はできることなら何度でも踊りたいです。

教えるこだわり。苦労したからこそ伝えられることがある

おばあさまからお弟子さんを引き継いだころ

606899264_1606899306.png

うめざわ

縁江さんがお弟子さんを教えるときに大切にしていることは何ですか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

情景や気持ち(心)を大切に踊ることはもとより、足腰に負担をかけず大きく踊るカラダの使い方をお伝えしています。

表情もカラダも硬くて思うように動かせず、しかも小柄な私がどうしたら大きく踊れるのか、私自身が苦労してきたので、そんな私だからこそお伝えできることがあると思います。

が、お弟子さんは私の写し鏡ですから、お弟子さんを見て自分の癖に気付けることも多いですね(笑)

現代の運動理論(骨ストレッチ)と日本舞踊の意外な共通点

606899264_1606899306.png

うめざわ

縁江さんは「筋肉に頼らず骨格で踊ること」を追求していると伺いました。

そのために「骨ストレッチ」を勉強されて、踊りに活かしていらっしゃるとも。詳しく教えていただけますか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

私はもともと、脊椎側弯症で子供の頃から整体通いでした。20歳までにギックリ腰や四十肩などいろんな体の不調を経験しています。

5年前に本屋でたまたま手にとった「ゆるめる力 骨ストレッチ」で人生が変わりました。講習会に参加してみたら、メソッドは日本舞踊そのものに思えました。

脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)とは・・・成長に従って背骨が曲がっていく症状。無症状の場合もあるが、背中や腰の痛み、消化器や呼吸器の異常につながる場合もある。

骨ストレッチとは・・・スポーツトレーナーの松村卓氏考案によるカラダトレーニングの技法(外部リンク『骨ストレッチ』)。

606899264_1606899306.png

うめざわ

現代の運動理論の中に、日本舞踊に通じるものがあったんですね。

花月縁江(かげつふちえ)さん

はい。骨ストレッチは、体幹を固めてしまうのではなく、骨格を使うことでインナーマッスルにアプローチし、体幹をしなやかに動かすことを目的としています。

ですから、骨の存在を意識しないで踊っているのはもったいないと思ったんです。

花月縁江(かげつふちえ)さん

立ち方に関して言うと、一般的に使われている「お腹に力を入れて胸を張る」「足を踏ん張って腰をそる」「上からつられるように立つ」といった表現は、文字通りに動作をすると、筋肉に頼りがちになり足腰に負担がかかります。

ところが、骨の存在を意識して立つと、もっと楽に美しく動くことができることを目の当たりにしました。

花月縁江(かげつふちえ)さん

「筋肉に頼らず骨格で踊ること」を追究する中で、昔の日本人は、当たり前のように骨を使って、もっと楽に踊っていたんじゃないかと思うようになりました。実は、着物や帯も骨格が使いやすいように設計されているんです。

楽に踊れるからこそ芝居に集中でき、喜びや悲しみを豊かに表現しやすくなるのではないかと思います。

606899264_1606899306.png

うめざわ

確かに。生活習慣もあらゆるものが欧米化する中で、日本人のカラダの使い方や向き合い方も変わってきたのかもしれませんね。「筋肉に頼らず骨格で踊る」というのは、大きなヒントになりそうです。

花月縁江(かげつふちえ)さん

みなさん、お稽古でほぐれて帰っていかれますね。

お年を召したお弟子さんで、歩くのも大変、という様子で来られた方が、お稽古が終わると、さっさっさっと軽快に歩いて帰られます。

606899264_1606899306.png

うめざわ

それは印象的なお話ですね!

カラダの可能性を使いきる!その楽しさを伝えたい!

606899264_1606899306.png

うめざわ

最後に、日本舞踊に興味を持っている人たちに伝えたい、日本舞踊の魅力はなんですか?

花月縁江(かげつふちえ)さん

日本舞踊は中腰で辛いもの、足腰を痛めるもの、根性で耐えて踊るもの、というイメージを払拭したいです。むしろ、カラダをほぐすものだということを伝えたいですね。

着る物、履く物、生活様式もすっかり欧米化してしまいましたが、骨格を使うと日本舞踊の所作にはカラダにいい要素がたくさん詰まっています。与えられた自分のカラダの可能性を使いきる楽しさを伝えたいです。

606899264_1606899306.png

うめざわ

本日はどうもありがとうございました!

花月縁江さんに日本舞踊を習いたい人はこちらからご連絡ください

花月縁江 Instagram

花月縁江 Facebook

ご連絡はMessengerかDM、またはこちらからお願いいたします

インタビューカテゴリの最新記事