長唄「君が代松竹梅」歌詞と解説

長唄「君が代松竹梅」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「君が代松竹梅」の歌詞と解説です。

「君が代松竹梅」の解説

天保14年(1843年)初演。作詞不明、作曲は三代目杵屋正次郎。松竹梅をテーマにした長唄は多くありますが、この曲は歌い出しからとって「君が代松竹梅」と名付けられています。

松竹梅は中国で「歳寒の三友」として文人画に好まれた画題でした。松と竹は寒中にも色褪せず、梅は寒中に花を咲かせます。これらが「清廉潔白・節操」という、文人の理想を表現したものと認識されていたのです。日本で「松竹梅」といえばおめでたいものの代名詞ですから、伝わる過程で捉え方が変わったものと思われます。

この曲では松竹梅にちなんだものがそれぞれのシーンで出てきます。

松は「三保の松原の天の羽衣伝説(漁師が天女の羽衣を拾い、それを返してあげるかわりに天女の舞を見せてもらったという昔話)」。

竹は、世阿弥作の能の傑作「井筒(帰らぬ夫を待ち続ける女の霊を描いた作品。井筒とは竹で作られた井戸の周りを守る囲いのこと)」。

梅は遊ぶ少女を「梅づくし」で表現しています。

「松竹梅」に合わせて三人で踊られることもある作品です。

「君が代松竹梅」の歌詞

君が代は恵みかしこき高砂の 松の栄えや限り知られぬ

いつまでも ふた葉はなれぬ姫子松

子の日の遊びたをやかに 曳くや緑の色そへて げに豊かなる三保の浦

たなびく霞花降りて 雪をめぐらす白雲の

松吹く風か音楽の 声ぞ妙なる東歌

入る日残れる松蔭に 天の羽衣稀にきて 色香ゆかしき 霓裳羽衣の曲をなし

天津御空に乙女子が 鞨鼓を打って舞ふよ 迦陵頻伽も東遊びの駿河舞

おもしろや

 

降りつむ雪を踏み分けて 夜半にや君が通ひ路も 井筒の陰のしのびあひ

人目の関は越ゆれども ゆるさぬものを下紐の

 

いつか逢瀬を一と筋に 言葉の露の玉章と

くらべこしなる振分髪の長かれと ちぎり嬉しき閨の風

洩れて浮名の立つ日もあらば 末の世かけて睦ましや

梅の数々指折りそへて 数へかぞふる手鞠梅 空も長閑にやり梅や

着なす姿の鹿の子梅 まだいとけなきとりなりも 小梅振よき八重梅の

誰が袖ふれし匂ひ梅 包むに余る恋風に なびく心のしだれ梅

咲きそめしより鴬の いつか来馴れてほの字とは はなれぬ中じゃないかいな

それへ それそれそれ そうじゃえ 賑はしや

栄えさかふる常磐木は 千歳の松の色かへぬ

げにまた梅は花の兄 南枝はじめて開きそめ 薫りは世々に呉竹の

いく万歳と限りなく 齢寿く鶴亀の 寿命長久繁昌と 尽きせぬ宿こそめでたけれ

歌詞・解説カテゴリの最新記事