小唄「飛梅の賦(とびうめのふ)」歌詞と解説

小唄「飛梅の賦(とびうめのふ)」歌詞と解説

日本舞踊でおなじみの小唄「飛梅の賦(とびうめのふ)」の歌詞と解説です。

「飛梅の賦(とびうめのふ)」解説

菅原道真(845年〜903年)が京都の邸宅で愛でていた桜・松・梅の木がありました。道真が政争に破れ太宰府に左遷された後、桜は主人を失った悲しみのあまり枯れてしまいました。松と梅は主を慕って大宰府に向かって飛び立ちます。しかし松は途中で力尽き、摂津国八部郡板宿(兵庫県神戸市)に根を下ろし、梅だけが一晩で太宰府まで辿り着きます。この話は「飛梅伝説」として語り継がれ、小唄や日本舞踊の演目としても親しまれています。

また、菅原道真が京都を離れるとき、梅の木との別れを惜しんで詠んだ次の歌は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

東風(こち)吹かば にほひをこせよ 梅花(うめのはな) 主なしとて 春を忘るな

「飛梅の賦(とびうめのふ)」歌詞

これはこれ菅公が愛で給ひし紅梅殿の

梅の精にて候

 

君が眺めし太宰府の

配所の月のわびしさよ

うれし筑紫のにほひ鳥

啼けばうららの春景色

 

天拝の峰の小松は枯るるとも

君を慕ひて永久に薫らむ

君を慕いて永久に薫らむ

参考記事

日本舞踊「飛梅の賦」ゆかりの国立市・谷保天満宮。東京で見られる飛梅伝説

歌詞・解説カテゴリの最新記事