長唄「寿」歌詞と解説

長唄「寿」歌詞と解説

日本舞踊で人気の長唄「寿」の歌詞と解説です。

「寿」の解説

夫婦の長寿・繁栄を願う、縁起の良い曲です。

「鶴・亀」は「鶴は千年、亀は万年」で知られるとおり、ともに長寿の象徴です。

「常盤」は元は永久不変な岩の事を指し、時間がたっても揺るぎない、変わらないもののことを表します。

「松と竹」は冬に緑を保つことから繁栄の象徴とされます。同じく冬に花を咲かせる梅を加えて「松竹梅」としておめでたいものの象徴ですね。

「相生」は2本の木が同じ根から生えていることから転じて、夫婦の仲が良いこと、また「相老」とかけて夫婦が長生きすることを表します。

「寿」の歌詞

ことぶきの 鶴と亀との 齢経て(よわいへて)

変はらぬ色は常盤(ときわ)なる

松と竹との 末かけて 契りも深き 相生(あいおい)の

栄久しき 共白髪

歌詞・解説カテゴリの最新記事