男の着物はポリエステルで充分?【購入を決めるまで】

NO IMAGE

2018年11月現在、私は着物と浴衣を何枚か持っています。素材は綿、綿・麻混合、正絹です。この度、持っていなかったポリエステルの着物を購入することにしました。

ポリエステル着物の特徴は?

ポリエステル着物といえば、

  • 値段が安い
  • 気軽に買える
  • 自宅で洗える
  • シワになりにくい

というメリットがあります。反面、

  • 化学繊維である(フォーマルではない)
  • 生地が安っぽい

ということもちょっと気になります。しかし、普段から着られる着物を増やしたいのと、着物が汚れるのが怖い(すぐに洗えない、汚れたらクリーニングに出さなければならない)ため、着物を着るのをためらっていると感じましたので、冬に入る前に買ってみることにしました(夏は浴衣が多いのでそのへんはあまり気にならない)。

ちゃんとした着物はクリーニングが面倒…

私の今持っている着物は、人から譲り受けたもの、古着屋で購入したもの、新たに購入したものなどです。浴衣は綿、もしくは綿・麻の混合なので自宅で洗えますが、着物は正絹なのでクリーニングに出さなければなりません(ネットで検索すると自宅で洗ったという方もいますが、今のところ試していません。いずれ私もやってみたいですね)。

綿、麻、正絹、ポリエステルそれぞれに良いところ悪いところがある

かつてわれわれのご先祖様が着物を着て生活していた頃は、素材として綿や麻が主流で正絹を着ることはありませんでした。当然洗濯も家でします。着物を着なくなった現代では着物は趣味やお洒落着の世界になり、正絹が着られるようになった反面、綿や麻の着物は逆に見かけなくなりました。正絹は見た目も着心地も良い代わりに、綿・麻に比べて購入が高価、クリーニングも高価、というデメリットもあります。

綿・麻は安価で丈夫、着心地も良いですが綿・麻のデメリットもあります。自宅で洗うとシワになり綺麗にアイロンをかけないと着れません(シワシワ着物はなんともみすぼらしいです汗)。購入初期は洗うと縮みやすいという特徴もあります。

さて、それではポリエステルの着物はどうでしょう。江戸時代にはなかった技術が生んだ新しい着物です。家で洗濯できる、シワになりにくく縮まないため綿、麻の弱点も克服していそうです。気になるとしたら見た目の素材感が安っぽくならないかと着心地でしょうか。

男物のポリエステル着物をネットで検索して購入

今回ポリエステル着物をネットで購入することにしました。サイズが分かっていることと、店まで行くのが面倒だったからです汗。男物の着物ってお店でほとんど扱ってないんですよね…あってもポリエステルは置いてないことが多いです。

今回はベーシックなものを購入したので、実物見てないけど大きく外れることはないでしょう、と思い切りました。さて、届くのが楽しみです。

購入編、届いた後のレビューは後日アップします。

着物カテゴリの最新記事