現在「日本舞踊のお困りごと」について匿名アンケート実施中です。ご協力いただける方はこのテキストをクリックしてください(フォームが開きます)。

【コロナ禍の2020年を振り返る#1】日々お稽古できる「幸せ」と「行動力」を大切に~若柳喜美奈~

【コロナ禍の2020年を振り返る#1】日々お稽古できる「幸せ」と「行動力」を大切に~若柳喜美奈~
606899264_1606899306.png

うめざわ

新型コロナウィルスに振り回された2020年。そして、2021年5月には3度目の緊急事態宣言が出され、新型コロナウィルスの影響はまだしばらく続きそうです。

ここで、悩みながらも、さまざまな活動をされてきた先生と一緒に、この一年を振り返ってみたいと思います。

まだこれからも何が起こるかわからないことばかりですが、この一年、先生たちがどのように悩み、考え、行動されたのかを知ることで、未来のヒントが得られるのではないかと思います。

606899264_1606899306.png

うめざわ

最初にお話を伺うのは、横浜で教室を開かれている若柳喜美奈さんです。よろしくお願いします。

若柳喜美奈(わかやぎきみな) プロフィール

公益社団法人 日本舞踊協会 神奈川県支部所属
3歳のとき舞踊家の祖母の影響で日本舞踊を習い始める
5歳で初舞台
20歳で正派若柳流 名取取得
24歳で正派若柳流 師範取得
2018年 若柳喜美奈日本舞踊教室を開く

これからなのに・・・やりたいことができない戸惑い

606899264_1606899306.png

うめざわ

この一年を振り返って、いかがでしたか?

若柳喜美奈(きみな)さん

いまでこそ、10名を超えるお弟子さんに恵まれていますが、コロナ騒動が始まった1年前は、教室がまだそんなに流れに乗っていないときで、お弟子さんを増やすためにもイベントをたくさんやろうと思っているときにこういう風になってしまいました。

いろんなことをやりたい気持ち、思いついたことができない戸惑いが、すごく大きかったです。

若柳喜美奈日本舞踊教室の主な活動(2020年~)

2020年
・次第に新型コロナウィルスの影響が大きくなる
・感染対策を行いながらお稽古を継続
・11月 ワークショップ「かたばみ塾」を開催(門下生のみ)

2021年
・1月 緊急事態宣言を受けて「踊り初め」を延期
・5月5日 延期されていた「踊り初め」を開催

606899264_1606899306.png

うめざわ

はじめて取材にお伺いしたのも、ちょうど1年前くらいでしたね。

その時に、その年初めて行った新年の踊り初めを、毎年続けていきたいとおっしゃっていたのを覚えています。

*1年前の取材記事はこちら>>【取材】日本舞踊にはいろんな「楽しい」が詰まってる~若柳喜美奈(わかやぎきみな)~神奈川県横浜市)

日本舞踊は「不要不急」か?

若柳喜美奈(きみな)さん

発表会もやっていいのかどうか、悪いことをしているような後ろめたさを感じたりだとか。

普段のお稽古でもお休みはしたくない。でも世間では「不要不急」なんじゃないかと思ったり。

でも、やっている人にはわかると思うのですが、日本舞踊は「不要不急」ではないところもあると思うんです。

606899264_1606899306.png

うめざわ

本当に「不要不急」という言葉に悩み続けた1年でしたよね。

お稽古はどのようにされていましたか?

若柳喜美奈(きみな)さん

私は、稽古場を休みにはしないけれど、お稽古を休むか否かはお弟子さん各々に任せると言う選択をしました。

私自身にとっては日本舞踊は生業です。そう決めていますし、お稽古しないと芸が離れてしまいます。

一方で、お弟子さんから見て習い事は、どうしても今すぐ行かなければ生きていけない、生活が出来ないものではありませんよね。

「不要不急」に正解はありませんが、みなさん、自分磨き、娯楽・楽しみ、自分の携わる何か別のことの為のお勉強だったり「要」である理由があって、お稽古にはいらっしゃっているんだと、そう思ってます。

606899264_1606899306.png

うめざわ

なるほど、他の先生のお話でも、不急ではないかもしれないけど、不要では決してない、という言葉がありました。

対策をしながらお稽古は続けつつも、11月にはワークショップに取り組まれましたね。

ワークショップ「かたばみ塾」を開催

若柳喜美奈(きみな)さん

ワークショップはコロナの前からやろうと思っていたことなんですが、コロナになって実現が難しくなっていました。

感染状況が落ち着いて劇場なども再開してきた11月に、お弟子さん達だけで行いました。

606899264_1606899306.png

うめざわ

ワークショップ開催の目的は何だったんでしょうか?

若柳喜美奈(きみな)さん

もともとの目的は、日本舞踊を知ってもらう機会にすることと、お弟子さんたちの交流です。

当初は、お弟子さん達だけではなく、お知り合いや地域の方など、外部の方も参加できるワークショップのにする予定でした。

日本舞踊を体験するにも、いきなりマンツーマンだとハードルが高く感じる方もいるので、そういう方にも参加しやすいイベントです。ですが、今回は状況が状況なので外部の方は呼びませんでした。

若柳喜美奈(きみな)さん

もう一つは、お弟子さん同士の交流です。

お稽古場では曜日や時間が合わないと集まるということがなかなかありませんので、ワークショップで普段会わない方とも交流してほしいなと思いました。

ワークショップはマスク着用で、お話も控えめに、という形ではありましたが、良い交流の機会になったと思います。これからもタイミングを見て続けていきたいです。

緊急事態宣言で「踊り初め」を5月に延期

606899264_1606899306.png

うめざわ

2021年1月に予定されていた「踊り初め」は、緊急事態宣言が発令される前でしたが、延期を決断されました。

若柳喜美奈(きみな)さん

はい、いろんな人に相談して、ぎりぎりまで悩んだのですが、最終的には東京感染者数2,000人超えを聞き、延期を決心しました。
606899264_1606899306.png

うめざわ

延期された発表会を今年の5月に開催されました。こちらの開催の一番の理由はなんだったのでしょうか?

若柳喜美奈(きみな)さん

やはり、一つ区切りをつけないと前に進めない、という気持ちが強かったですね。

発表会を節目としてお稽古してきたので、今年の発表会はどうなるんだろう、というもやもやが稽古場全体でもストレスになっていました。

このタイミングで出来なければ、もう延期ではなく、今年の発表会は中止にしようと考えていました。ちなみにそうなったときは、一人ひとりの踊りを映像に残してあげようと思っていました。

606899264_1606899306.png

うめざわ

発表会はいかがでしたか?感染対策もする中でこれまで通り、というわけでもなかったと思いますが・・・。

若柳喜美奈(きみな)さん

サーキュレーターを置いたり、換気やドアノブ消毒したり、など対策を行いました。

マスクをしながら、なるべく会話を控えながらなので、いつもにはない緊張感はありましたね。

若柳喜美奈(きみな)さん

でも、やってよかったと思います。

発表会が初めての方も3人いらっしゃって、すごく緊張されてたんですが「終わってみたらあっという間で、楽しかったです」とおっしゃっていました。

606899264_1606899306.png

うめざわ

本当におつかれさまでした。

大変なことが多かった1年ですが、逆にこの1年で得られたこと、学んだことなどはありますか?

日々お稽古できる「幸せ」と「行動力」を大切に

若柳喜美奈(きみな)さん

月並みですが、いかに日々のお稽古が大切か、発表会が本当に大事なものなんだ、ということを再確認できました。普通のことだけど、それができることがとても幸せ、という気付きを得られたことですね。

若柳喜美奈(きみな)さん

そして、私自身も、日本舞踊も変わっていかなくちゃいけないんだなと思いました。

伝統芸能って、大事なものは大事にして、守っていくことが大切だと思うんですけど、変わっていくことも必要だなと思います。

こういう状況になって、日本舞踊も変わるところは変わらないと、人口がどんどん減っていってしまうのではないかという心配はあります。

私自身も、教わったことをすべてそのまま真似すればいい、のではなくて、今の時代の、私の稽古場にしていかなければならいなと感じます。

606899264_1606899306.png

うめざわ

これから先のビジョンはありますか?

若柳喜美奈(きみな)さん

コロナのことがあって、できるときにすぐやる「行動力」って大事だなと思いました。なので、思いついたことを積極的にやっていきたいと思っています。

ワークショップも続けていきたいですし、コロナが落ち着いたらみんなでおでかけなどもしたいです。

前は寄席に行ったり、お弟子さんが出演しているミュージカルをみんなで見に行ったりしていたんです。そういうこともまたしたいですし、和舟をこぐ体験とか、お勉強半分、楽しみ半分みたいなものとか。

若柳喜美奈(きみな)さん

あとは地元のカフェで、私一人が踊りを見せて、そのあとプチ勉強会みたいな、これもワークショップといえるかもしれないですけど、そういうこともやってみたいですね。

みなさんには、今まで見たことのないことを見てほしいし、そういうことを私からどんどん提案して、みんなの世界を広げていきたいです。

606899264_1606899306.png

うめざわ

ありがとうございました。悩みながらも、いつもお弟子さんたちのことを考え、前向きに行動されている姿勢が伝わってきました。

これからも活動がんばってください!

若柳喜美奈さんの日本舞踊教室にご興味がある方は、下記よりお問い合わせください。

若柳喜美奈 日本舞踊教室
若柳喜美奈 Twitter

〒233-0012
神奈川県横浜市港南区上永谷2-2-17
Tel:045-843-7493
090-9830-7703(携帯)

インタビューカテゴリの最新記事