現在「日本舞踊のお困りごと」について匿名アンケート実施中です。ご協力いただける方はこのテキストをクリックしてください(フォームが開きます)。

舞踊小曲「桜禿(さくらかむろ)」歌詞と解説

舞踊小曲「桜禿(さくらかむろ)」歌詞と解説

日本舞踊の手習い曲として人気の舞踊小曲「桜禿(さくらかむろ)」歌詞と解説です。

舞踊小曲「桜禿(さくらかむろ)」解説

禿(かむろ)と呼ばれた少女が、お手紙のお使い(文使い)をしている様子を描いています。少女のあどけなさ、かわいさに主眼がおかれた小曲です。

日本舞踊で禿(かむろ)といえば、吉原の花魁(おいらん)に使える、小間使い(身の回りの世話をする雑用係り)の少女のこと。

「桜禿」のようにお手紙のお使いをすることもあります。吉原で文使いですから、これは恋文(ラブレター)であると考えられます。

遊女と禿(文使い)鈴木春信

花魁から送るものか、花魁あてに来たものか、わかりませんが、大人の恋の駆け引きの世界とはまだ縁遠い、子どものかわいらしさが「銀の鈴」や、舞い散る花びら、などで演出されています。

最後の「鞠にかがろよ」は、「鞠に花びらを縫いつけよう」というような意味です。

作曲者の「佐々 紅華」は、祇園小唄花くらべ柳の雨の作曲などで有名です。

作品情報

作曲者 佐々 紅華
作詞者 中内 蝶二

舞踊小曲「桜禿(さくらかむろ)」歌詞

花のかむろが文(ふみ)づかひ、

あとけなり振(ふり)姿態(しな)もよく、

袖に銀の鈴が鳴る、

下駄にも銀の鈴が鳴る。

案内(しるべ)するとてしおらしや、

袖に裳裾(もすそ)に縺(も)つるるは、

胡蝶にもまがふ花の舞、

鞠にかがろよ散る花を。

歌詞・解説カテゴリの最新記事